足のむくみ解消法を実践する|コンプレックスから解放されます

「炭水化物抜き」で痩せる

体重計

炭水化物抜きで痩せる方法

糖質制限ダイエットという方法を御存知でしょうか。「糖質」が身体のためによくないという考え方から、糖尿病やメタボ対策の食事療法として行われてもいるようです。炭水化物を取ると血糖値が上昇するのですが、上昇するとインスリンが分泌され、それが過剰になると脂肪になってしまいます。そのため、血糖値をなるべく上げない「低インスリンダイエット」という言葉が取りだされるようになり、糖質制限という考え方につながるようです。糖質制限で一番わかりやすいのが炭水化物を控える事だということから「炭水化物を食べないようにするダイエット方式」という方法が提唱されるようになったようです。やり方は炭水化物類を食べない、または控える方法です。炭水化物なので、ご飯やパン・麺類の他、根菜類も含まれるのでよくありません。果物も糖質が含まれるので、控えめにします。その代わり野菜や肉・魚、乳製品などは好きなだけ食べてよいということになっています。

「好きなだけ」でも要注意

とはいっても、炭水化物を闇雲に減らして良いわけではありません。いきなり糖質を過剰に減らすことで、筋肉量が減る、リバウンドしやすい体質になる、食事制限を長期的に続ける必要があるなどの必要性が出てきます。また、「好きな物を好きなだけ食べてよい」からといって、肉類ばかりを食べる、野菜ばかり食べるなど栄養バランスが崩れるのもよくはありません。完全に糖質制限食を行いたいなら、医師の指導の元で行うのが一番安心です。では、もしも自宅で手軽に行いたい場合はどうすればよいのでしょうか。気軽に「糖質制限ダイエット」を行いたいというのなら、完全に炭水化物を抜くのではなく、例えば三食のうち一食だけ食べるというのはいかがでしょうか。日頃の食事が炭水化物が多いメニューなら1品減らすだけでも効果があるはずです。運動なども取り入れつつ、身体に無理のない範囲で行いながら健康美を目指したいですね。