足のむくみ解消法を実践する|コンプレックスから解放されます

お腹が張って苦しいなら

腹部の測定

排便のリズムが狂ってしまうと、便秘状態になりお腹の張りや不快な症状に悩まされるようになります。便秘が原因でおこる体の不調は様々にあり、頭痛や腹痛や肩こりなどの症状に悩まされる人もいます。そこで、便秘薬の服用がオススメなのですが服用には注意が必要です。まず、自分の便秘の症状に合う便秘薬を服用することが大切です。市販の便秘薬の多くは腸の動きが鈍ることによって起こる弛緩性便秘を改善する目的で作られています。しかし、便秘の種類の中には腸の動きが活発すぎて便秘を起こす痙攣性便秘もありますので自分の便秘のタイプを知っておくようにしましょう。もし、痙攣性便秘の場合は市販の便秘薬を服用せずに医師の診察を受けるのがオススメです。

ドラッグストアには色々な種類の便秘薬がオススメ商品として並んでいますが、含まれている成分には違いがあります。腸を刺激して排便を促す便秘薬もあれば、溜った便に水分を加える働きをもつ成分を配合している便秘薬もあります。最も、排便の効果が出やすい便秘薬は座薬でお尻から坐剤を入れて排便を促します。これは便秘薬を飲むことのできない乳幼児や大人にオススメの便秘薬です。そして、便秘の症状が出たからと言っていつも薬を服用して排便を促していると、薬の効き目が薄くなってしまうので注意しましょう。。できるだけ、便秘の症状を改善できるヨーグルトなどの乳酸菌が含まれている食品を積極的に摂り、運動する習慣を身につけるといいでしょう。